一般的に尿管結石の治療といってもこれといった治療を受けない事が多いです。これは自分の経験ではなく家族が実際に経験した事なのですが、尿管結石の痛みは確かに凄いみたいなのですが、病院としては尿管を石が通り抜ければ痛みが去ってしまうものなのだと説明をしていただきました。

つまり尿管結石では石が尿管を通ってしまう石がよほど大きくなければ手術などをする事はないそうです。家族の場合もそうでしたが医師としては「石が出るまで様子見」というのが一般的だそうです。確かに尿管結石は死ぬような病気ではないのかもしれません。

でも本人にしてみれば痛みを何とかして欲しいと思うものみたいです。確かにこれまで尿管結石のような痛みを感じた事が無い人にとっては、もうそれこそ死ぬ程の痛みなのでしょうから早く治療をして痛みを取ってもらいたいなどと考えるみたいです。

では尿管結石では治療をする事は無いのかというとそうではありませんでした。実は尿管結石の大きさが5ミリに近い大きさだと、尿管を傷つけたりする事が考えられるため、薬を使って石を早く排出できるように促すらしいのです。

ですが排出を促すような薬による治療をしても、結局尿管結石の痛みは感じるわけですから、本人にしてみれば二度とこんな思いをしたくないと思うものなのかもしれませんね。男性の方が尿管結石になる確率が女性の倍と言われていますが、男性はもともと痛みには強くありません。

そのため石を排出する時の尿管結石の痛みをこらえる事が難しいのかもしれませんね。ちなみに5ミリ以上の大きさになると尿管を傷つける可能性があるので別の治療を受ける事になるのだそうです。

尿管結石が大きい時の治療

尿管結石の大きさが5ミリを超える大きさの場合には、排出を促すような薬を入れて治療をしたとしても、なにも解決はしないと言われています。それはそうですよね、大きな石が通れる太さは尿管には備わっていませんから、傷つけてしまう可能性だってあります。

そのため尿管結石の大きさが大きい場合には別の治療法が行われる事になります。その治療法は石に衝撃を与えて石をくだいてしまうという乱暴に感じるような治療法なのです。これを一般的に尿管結石の手術という言い方をするみたいです。一般的な手術とは少し違います。

この手術は尿管結石が大きい場合に、身体の外側から衝撃波を送って石を砕くという治療で、小さくなった石は尿管を通って排出されるという事になるわけです。結果的には石は小さくなりますが排出は自力で行うという感じです。私の家族もこれが治療なのかと言ったくらいです。

でも大きな尿管結石のまま排出されるよりも痛みは少なくなるでしょうから、できれば小さく砕けるような大きさの方がいいかもしれません。実際大きな尿管結石を砕く治療を受けた方が痛みは無いのだそうです。

でもこれ以上に尿管結石が大きくなってしまうという患者さんもいるのだそうです。想像したくはありませんが、相当な痛みを伴うのではないでしょうか?そういう場合には、別の治療法が行われるのだそうです。それはレーザーを当てて石を砕く手術だそうです。

いずれにしても尿管結石は予防をする事が重要なのかもしれません。そうすれば痛い思いも治療も受けずに済みます。毎日の食生活を少し改善するだけでも結果が違ってくるのだそうです。