子宮内膜症や卵巣嚢腫など女性特有の病気の症状をおさえるためには、いろいろな治療法があるようなのですが、一般的には投薬治療が多いと言われています。そんな中でディナゲストという薬があるのですが、このディナゲストという薬はどういう効果をもたらすのでしょうか?

ディナゲストはいわゆるホルモン療法という治療法の一種で、このディナゲストという薬を飲む事によって、女性ホルモンの分泌を少なくしてくれるという効果を得る事ができるそうです。女性ホルモンをおさえる事ができるという事は、子宮内膜症などの辛い症状を和らげる事ができるのです。

特に子宮内膜症などの場合には、月経の度に起こる辛い月経痛を和らげる効果があるので、患者さんにとっては無理なく症状を抑える事ができる薬として認識されている事が多いようです。ただやはりディナゲストも薬なので副作用などの報告もあるので注意しなくてはならないでしょう。

ですが実際に使った事がある患者さんに話を聞くと、それまでのホルモン剤を使う治療よりも副作用も少なく、いきなり閉経状態にしてしまうという事もないので、患者さんにとっては効果が穏やかなので良いのだと言っていました。他の薬だと怖い副作用もあるのだそうです。

例えばディナゲストの前に使っていたホルモン系の薬だと、骨粗鬆症などの副作用が強く出るのと、いきなり月経が止まってしまうなど不安感が無いので、安心して薬の効果を実感する事ができるのだそうです。ほとんどの人がその効果を実感できるのも特徴なのかもしれません。

ディナゲスト具体的な効果とは?

ディナゲストは子宮内膜症や子宮筋腫などの女性特有の病気の時に処方される事が多くなってきたお薬です。このディナゲストの効果は以前のホルモン系の薬とは違って、いきなり閉経状態にするというものではありません。黄体ホルモンという女性ホルモンを活性化させる効果を持っています。

これが恐らくディナゲストの最大の効果だと言えるのではないでしょうか。黄体ホルモンの働きを活性化させるとどういう事が起こるの?と不思議に思うかもしれませんが、実はこれまでの子宮内膜症や子宮筋腫でのホルモン系の薬よりもおよそ10倍も活性化させるため、内膜の増殖を抑制する事ができるのです。

そのためこれまでは閉経状態にする事が一番だったのですが、近年ではディナゲストの効果の高さから、ほとんどの方に処方されている事からもわかります。またディナゲストは長期的に投与する事ができるので、その間は内膜増殖を抑える効果が得られる事になるわけです。

ちなみにそれまでのホルモン系の薬の副作用の中で、骨粗鬆症というのがありましたが、ディナゲストの場合は骨粗鬆症の副作用が無いという事も長期的に利用できる理由かもしれません。こうした薬は保険適用にならない事もありますが、ディナゲストは効果も高いですが保険適用になります。

こうした理由から近年では子宮内膜症や子宮筋腫などの女性特有の病気の治療にディナゲストを使うようになったのですね。ただし全ての人にこのディナゲストを使うとか限りません。高い効果があるのと同時に若干副作用もあるからです。