胆石症だと胆石が外に出てしまうまでの辛い痛みが恐怖ではないでしょうか。父が実際に胆石症で悩んでいるのでその気持ちがとてもよくわかります。胆石症だと診断されても手術をして取り除いたわけではないので、いつ胆石ができてあの痛みが襲ってくるかわからないのです。そこで食事に注目をしたわけです。

病院では胆石症の原因のほとんどは毎日食べている食事に関係があると言います。つまり食事で胆石症を改善する事ができるという事になるだけではなくて、胆石症になるのを予防する事ができるという事にもなるわけです。ちなみに胆石の石の成分が何か知っていますか?一つはコレステロールなんだそうです。

そして一般的に薬で小さくする事ができるのはコレステロール胆石なんだそうです。だから毎日の食事でコレステロールを少なくするというのは非常に重要な事であると言えるわけです。つまり胆石症であってもコレステロールを摂らないようにすれば、少なくとも半分の危険は去ることになるわけです。

こんな嬉しい事はありませんよね。食事だけでコレステロール性の胆石を減らす事ができるわけですから!そこで毎日の食事でコレステロールを減らして、胆石症の改善をしようと父も必死に頑張ったというわけなんです。まず気をつけたのは食事をする時間帯です。

胆石症ではなくても食事を摂る時間は毎日決まった時間の方がいいに決まっていますよね。そしてコレステロールを抑えるためにはよく噛んで食べる事と、コレステロールを控えた食事にするという事でした。少なくともその後の痛みなどは今のところはないみたいです。

胆石症の食事の仕方と食品

まず胆石症を改善するためや予防をするためには、毎日の食事の時間を同じ時間にするという事です。規則正しい時間割りで食べる事は自律神経にもいいですよね。そして次に早食いをやめる事だとも言われました。この理由もコレステロールと関係が深いのです。

早食いをするという事はあまりよく噛んで食べていないという事になりますから、お腹が膨れる感じがよく噛んで食べる人よりも遅く感じます。するとコレステロールの摂取量が多くなってしまう事になるわけです。実際に胆石症の方の多くは早食いで人よりも多く食べてしまうのだそうです。

そしてもう一つはゆっくりとよく噛んで食べる事なのだそうです。よく噛んで食べるという事とゆっくり食べるという事は同じ事なのですが、食事の時間をゆっくりととる事によって、コレステロールの吸収量を抑える事ができる事になるのだそうです。早食いもできないのでダイエット効果も期待できます。

もう一つ重要なのは食事のメニューです。肉よりも魚を選ぶようにした方がいいのと、野菜や果物に含まれているビタミンを多く摂る事も胆石症にはいいみたいです。特にビタミンCやビタミンEは胆石症の改善には欠かす事ができないミネラルなのだそうです。

ただしいくらいい食事だからといって、だらだらと食べたり不規則な時間で食べたりするのはよくありませんし、胆石症にいいからといって大量に食べるのはほかの臓器への負担になる可能性もあるので、何事も適量を適度にするようにしましょう。