胃がんで腹水が溜まるという症状が出た時に心配なのは、残された余命が減ってしまうのではないか?という事ではないでしょうか。実際に胃がんだけではなく他の癌でも腹水が溜まる事で余命が短くなると言われる事が多いようです。

どうして腹水が溜まると余命が短くなってしまうのでしょうか?それにどうして胃がんでは腹水が溜まりやすいと言われているのでしょうか?その理由や原因などについてを調べてみる事にしました。

まず、胃がんが進行してしまう事によって、胃の壁を通り越して腹膜と言われる部分にガン細胞がばらまかれていきます。そうするとお腹の空洞の中に水がどんどん溜まってしまう事になるのだそうです。これが腹水となり余命を短くするのです。

ではどうして胃がんで腹水が溜まったら余命が短くなるのかというと、腹水が他の臓器を圧迫してしまうからなのだそうです。臓器を圧迫するので何も食べられないのと、重要な臓器を押してしまうので機能が果たせなくなったりするからです。

例えば心臓や肺などを圧迫してしまうと、それだけで余命を縮める結果になってしまうのです。このことから胃がんで腹水が溜まると余命が短くなると考えられているのです。では腹水が出た胃がんは治療ができないのでしょうか?

恐らく誰もが「腹水を抜けばいい」と考えるかもしれませんが、これまで腹水を抜くと体力がなくなって余命がさらに短くなると言われていました。このため胃がんで腹水が溜まると余命がそれほど無いと考えてしまうのです。

胃がんで腹水が出ても余命を伸ばせる?

胃がんで腹水が出た場合に余命が短くなると考えられていて、今でも多くの病院では腹水を抜くのをためらう病院が多いと思います。ところが最近では腹水を抜く事で元気になったという例がとても多く報告されているのです。

その患者さんも末期の胃がんで腹水が出てしまって入院をしたので、その時には余命が少ないと言われていたのですが、腹水を抜いて濾過して戻すという方法を取る事によって、見事生還して社会復帰を果たしたのだそうです。

多くの胃がんの患者さんが、腹水を濾過する方法で改善をする事ができて、余命を伸ばす事ができるようになったそうなのですが、全ての病院でこの治療が受けられるかどうかは定かではありません。機材があれば当然受ける事ができると思います。

腹水に対しての考え方がどんどん変わってきているので、もしかしたら全国の病院で受ける事ができる治療法になるのかもしれませんね。そうすれば末期の胃がんで腹水が溜まって入院したとしても、濾過して余命を伸ばす事ができるようになるわけです。

これまで胃がんで腹水が溜まったら、余命はいくばくとないと考えられていましたが、今後はこのような治療を受ける事ができるようになると思うので、腹水という症状は余命を縮めるほどの症状ではないと思える日がきっとくるでしょう。

もし胃がんで腹水が溜まる症状が出たら、かかりつけの病院に腹水の濾過をできる病院を紹介していただくのも良いかもしれません。