腸閉塞を治療するためにはどのような治療をすれば良いのでしょうか?一般的に病気ならば、何らかの治療薬などを使って治療を行うものですが、腸閉塞では治療薬というものはあまり利用されません。どうしてなのかというと、腸閉塞は手術によって発症する事が多いからです。

なので他の病気の手術や腸の手術をした後には、癒着をしないように気をつける事はあるかもしれませんが、癒着して腸閉塞になってしまったものを、治療薬などを使って元に戻すなんていう事ができるはずがありません。なので一般的に手術による癒着には治療薬がありません。

では術後の癒着による腸閉塞の場合には、どのような事をするのかというと、癒着をしないように予防をする以外に方法がないのです。もちろん痛みなどがある場合には、痛み止めなどの治療薬を処方される事はあるかもしれませんが、基本的に術後の腸閉塞の予防に治療薬は使いません。

腸の治療薬と言えば、誰もが思い浮かべるのは下剤や便秘薬などではないでしょうか。腸閉塞といえどもきっと便が硬いからかもしれない!と思う気持ちはわかりますが、基本的に腸閉塞は便が硬いから出ないのではありません。腸閉塞は腸がくっついてしまっているために便が通らないのです。

つまり便秘薬や下剤などの便秘の治療薬を使ったとしても、腸閉塞は治る事はまずありませんし、下剤や便秘薬による下痢の痛みが腸閉塞の痛みと重なって、ひどい痛みになってしまうだけ損なので、やめた方が良いのは言うまでもありません。

腸閉塞と治療薬の関係

腸閉塞の原因はいくつかあると言われています。例えば最近多いそうなのですが、腸の運動ができないという人が増えてきているのだそうです。そのため治療薬として腸の働きを活発にさせる薬を処方される事があるそうです。でもできれば自然な形で腸の運動ができるようになると良いですね。

もしこれらの治療薬を使っても腸の運動ができないとなると、腸閉塞になってしまう可能性が出てくるのです。腸閉塞になってしまうと治療薬で腸閉塞を治す事はできません。なので最悪の場合は手術をしたりする必要があるのです。

また手術が腸閉塞の原因となる場合もあるので、便秘や腸の運動が原因ではない事もあるのです。そして腸閉塞の場合は他の病気の治療薬が原因で起こる事もあります。例えば癌などの治療薬が原因で腸閉塞になる事もあるでしょう。

以外にもこうした他の病気の治療薬が原因で腸閉塞になるという事は多いのです。そういう場合には腸閉塞の改善のために、辛い治療を受けなくてはならなくなったりするのです。抗がん剤など癌の治療薬は続けなくてはならないので、急激にやめる事はできません。

どちらにしても命に危険が及ぶ可能性があるので、医師の指示に従って治療を続けるべきでしょう。ここで注意したいのは、市販されている薬の中にも腸閉塞を引き起こす可能性のある治療薬があるので、特に鼻炎の関係の薬を飲む時には医師に相談してからにした方が良いかもしれません。