毎年冬になると爆発的に広がるインフルエンザですが、感染力がとても強いのが特徴です。毎年インフルエンザにかかってしまうという人も結構いると思うのですが、最初は風邪と似た症状が出てくる事が多いものです。風邪との違いはあまりありませんが、ひどい悪寒を感じる事が多いみたいです。

ところで、インフルエンザと風邪との区別がつきにくいために、なかなか自分がインフルエンザにかかっているとは思えないものですが、インフルエンザの特徴として悪寒や高熱が特徴なので、すぐにわかると思います。もしもインフルエンザだった場合には速やかに治療を受けるべきです。

インフルエンザに感染すると、風邪とは比べ物にならないくらいの高熱が出るものです。それと同時に悪寒が激しいのも特徴です。もしかしたらこれが一番風邪とインフルエンザを分ける症状なのかもしれません。中には悪寒がゾクゾクと感じる場合には、インフルエンザだと判断せよという人もいるくらいです。

ちなみにインフルエンザはA型とB型などがあるそうですが、どちらのインフルエンザが流行ったとしても、高熱や悪寒という症状は変わらずあるそうです。でもどうしてインフルエンザになると悪寒や熱が出るのか気になったので聞いてみました。

するとインフルエンザはウィルスに感染すると、そのウィルスを撃退しようとして高熱になりやすいのだそうです。悪寒は高い熱が出る事によって、皮膚の表面温度が上がるために室温が下がったように感じるために起こるのだそうです。

つまりインフルエンザによる高熱が悪寒を引き起こしているという事なのでしょう。こうした不快な症状がある場合には、できるだけ早く治療をして症状の改善をするべきなのですね。

インフルエンザで悪寒がする原因

インフルエンザでどうして悪寒がするのかは少し説明しましたが、さらにわかりやすく説明すると次のようになります。私たち人間の体というのは36度前後の体温で守られています。ところがインフルエンザなどのウィルスが体内に入ると、ウィルスを撃退しようとするのです。

インフルエンザのウィルスを撃退するには、ウィルスの活動が弱くなるように高熱を出すしか方法がないのです。すると、体温がどんどん上昇していく事になるわけです。すると体温が上昇してしまう事によって悪寒を感じるようになるのです。

実はこの悪寒というのは、たくさん毛布にくるまっていても、ストーブなどで体を温めていたとしても起きるものなのです。風邪と決定的に違うのはその熱の高さだと思います。たいていの場合インフルエンザの熱は38度を超える事が多いみたいです。

そのために悪寒も半端なく感じる事が多いみたいです。実際にインフルエンザにかかって高熱が出た場合には、病院でしっかりと治療をしないと難しいものかもしれません。実は聞いたところによるとインフルエンザによる悪寒はある程度セットになっているみたいです。

なのでもしも悪寒がひどくて大変だと感じる場合には、熱を下げるのが一番良いかもしれません。注射などをして下げるという方法もあるのかもしれませんね。でも実際にはインフルエンザは病院に行ってもこれといった治療をしてはもらえないのが現実です。