黄疸の原因は血液中にビリルビンという成分が多く混ざってしまう事によって起こるのですが、黄疸自体は病気でもなんでもありません。黄疸は通常は症状の一つとして扱われているものです。特に肝臓病などを患った場合に閉塞性黄疸という症状が出る事が多いようです。

この閉塞性黄疸という症状が出るのは、肝臓の中で作られた胆汁を胆嚢という部分に収納する事が阻害されるために、肝臓の中にビリルビンという成分が残ったり、血液中に残ったりしてしまうために起こるのだと言われました。ちなみに閉塞性黄疸は胆管が閉塞してしまうために起こる症状です。

肝臓ガンの身内が末期の段階のときにこの閉塞性黄疸という症状が出ましたが、このときには恐らく他の臓器へも転移していたのでしょう。胆管に癌が転移して胆管癌などになったりしても閉塞性黄疸は出るのだそうです。一般的に黄疸の症状が出ると全身がだるくなったりするそうです。

身内もだるいと言ってよく眠っていたものでした。閉塞性黄疸は癌などによる転移や原発性の癌などの症状として起こったり、胆管炎や胆嚢炎や胆石を持っている人などにも出る可能性があるそうです。胆管が閉塞してしまう事によって起こる症状なのは一目瞭然ですね。

また、閉塞性黄疸の症状が出てくる事によって、ひどいだるさなど倦怠感が襲ってくると言われています。本来は排泄されなくてはならないビリルビンが排泄できないというだけでこのような症状が出てくるのですから、たかが黄疸などとは言っていられない事なのですね。

閉塞性黄疸の症状は治療できるのか?

閉塞性黄疸になってしまった場合には、黄疸の症状が出る原因というものが必ずあります。胆管などが閉塞してしまっているために起こったりするために起こるので、病院ではどのような事が原因で閉塞性黄疸になっているのかをしっかりと調べてから治療をする事になります。

閉塞性黄疸という症状が出る原因である病気も色々と種類があって、例えばその黄疸の症状が出る原因が先天性のものであるのかどうかや、そうではなく胆石や胆管炎や胆嚢炎などの病気であるかどうかなどの場合には、しっかりと治療を行う事によって改善していく事になります。

そうではなく調べた結果が悪性の腫瘍などであった場合には、そちらの方の治療をする以外に治療をする方法はありません。多くの場合、悪性の病気の症状の一つとして出た時には、原因となっている病気の治療がうまくいけば、閉塞性黄疸の症状も改善していくでしょう。

ただし、悪性の病気の場合の症状として閉塞性黄疸が出た場合には、病気の治療がうまくいかない時には、症状の改善があまり見込めない事も多いのが現実のようです。特に癌の場合の症状として出ている場合には、治療方法も手術ができないケースも多いみたいです。

なので病院の治療方針に従ってしっかりとできる治療を受ける事が重要な事になります。本当ならばそれ以前に閉塞性黄疸の症状がわかればいいのですが、なかなか見つけにくいという現実があるので、定期的に健康診断を受けて早めに病気を発見する事が重要であるといえます。