おたふく風邪はお子さんが幼稚園や保育園などでうつる事が多い病気でした。昔はよくこんな話をよく耳にしたものですが、最近ではあまりおたふく風邪が流行ったというお話はあまり耳にしませんよね。その理由は近頃の幼稚園や保育園は除菌が徹底しているのが大きな理由かもしれません。

ちなみに私の場合は小さい頃に姉が幼稚園でもらってきた時に一緒に発症したのだそうです。でも大人になって姉の子供が幼稚園に通っているときにおたふく風邪にうつるという事は全くありませんでした。多分私の子供もおたふく風邪に感染したりはしないでしょう。

どうして最近の子供はおたふく風邪にうつる事がないのか疑問に思いますよね。どうして最近の子供がおたふく風邪にうつる事が無い理由の一つに、赤ちゃんの頃に行う予防接種によるものが多いのだそうです。昔の子供はおたふく風邪の予防接種などをしなかったのでしょう。

こうした理由からおたふく風邪は子供の頃にうつる病気だという認識ではなくなり、予防接種によって防ぐ事ができる病気であるという認識になりつつあるという事でしょう。でも気をつけなくてはなりません。どうしてかというと最近は免疫が切れたために大人になってからうつる人が増えているのだそうです。

現在では子供さんが幼稚園や保育園などでおたふく風邪にうつる事は少なくなりましたが、まれにおたふく風邪に子供さんが感染したとして、その菌を自宅に持って帰って大人がうつるという事も起こっているのだそうです。私の職場の人はそうやって大人になってから感染して大変な思いをした人を知っています。

おたふく風邪がうつる大人が増えるわけ

おたふく風邪はうつる時にはつばなどでうつると言われています。感染力は実は意外と強くはないらしいです。うつるとしたら先程述べた通りでつばなどから感染したり、又はおたふく風邪の症状の一つである咳などによって、おたふく風邪の細菌が空中に漂って空気感染する事もあるようです。

たいした感染力でもないのに大人がうつるとすれば、たいていの場合は免疫力が下がっていたり、抗体がなかったりする場合にうつると言えるでしょう。実際にはもっとも多いのは子供のお世話をしているお母さんが疲れていたりして、看病などをしていると、それほど感染力の強くないおたふく風邪にうつる事が多いみたいです。

また、子供さんが幼稚園や保育園などでおたふく風邪がうつるような事があったら、抗体を持っている持っていないに限らずマスクなどをしてもいいかもしれません。空気感染やつばなどからの感染が多いので、最低限それに気をつけていればうつる事はないのではないかなと思います。

そんな事を言ってもおたふく風邪がうつる瞬間がわかるわけではありませんから予防するにも大変です。そこでもしもおたふく風邪をやったかやらないかわからない場合には、病院で抗体を持っているかいないかのチェックをする事ができるので、受けておいた方がいいかもしれません。

これは大人でも子供でも受ける事ができるテストです。そしてもし抗体がなかったら予防接種を受けるようにしたらいいでしょう。おたふく風邪は抗体があればうつる事はありませんし、大人になってから感染するのは相当危険だそうです。