昔の子供はおたふく風邪にうつるのが普通の事だったので、症状がどんなものなのかを知っている人が多いのですが、最近の若い人はおたふく風邪を経験していない人も多いみたいなので、どんな少女が出るものなのかを知らない人も多いのだそうです。

というのも最近の若い方というのは、おたふく風邪に感染しないように予防接種などを受けている人が多いみたいです。なのでおたふく風邪がどんな症状なのかを知らずにいる人が多いのです。ところでおたふく風邪になるとどのような症状が出るのでしょうか?

一番わかりやすい症状は、やはりほっぺたの腫れが一番特徴的な症状かもしれませんね。おたふくのお面ご存知ですか?あおのお面のようにほっぺたがぷくっと膨れるので、おたふく風邪という名前がついたわけですから、どれだけ腫れるのかがわかるのではないでしょうか。

基本的におたふく風邪は伝染病の一つです。誰からかおたふく風邪をうつされたとしましょう。おたふく風邪は潜伏期間というものがあるので、最初は何も症状が出てはきません。潜伏期間が過ぎた頃から耳のあたりが痛くなるとか、頬の部分が腫れてくるなどの症状が出ます。

おたふく風邪はその名前の通りで、最初の段階では風邪と似た症状が出るので、おたふく風邪だとは誰も思わないようです。そのため免疫が無い人や子に、どんどん感染していってしまうのです。最近では子供から大人に感染する事も多いのだそうです。

おたふく風邪の症状はいつからいつまで?

大人になってからおたふく風邪になると、その症状は子供の頃に感じるのとでは全く違ったものになると言われています。そもそもおたふく風邪の細菌というのは、感染してからおよそ3週間位の間に唾液腺で増殖すると言われていて、その間は症状はなんら出ない事が多いようです。

唾液腺で十分に増殖したおたふく風邪は、やがて耳の下の部分や顎のラインなどを腫らせていきます。この頃になると「もしかしたらおたふく風邪かもしれない」と判断するようになるのです。この頃になるとまるで別人のような顔になってしまうのも、特徴的な症状ではないでしょうか。

おたふく風邪の症状は子供の頃だと比較的軽くて済むそうですが、大人がおたふく風邪に感染すると、症状はとてもひどくなると言われています。よくおたふく風邪になると子供ができなくなる。などという話を耳にしたことがありますが、あれは本当の事なので注意しなくてはなりません。

実は大人がおたふく風邪に感染すると、男性でも女性でも生殖能力にダメージを被ります。男性ならば睾丸炎という症状が出て、女性ならば卵巣炎という症状が出る事が多いのだそうです。もしこれらの症状が出たとしたら、卵子や精子を作ることができなくなるので、不妊に悩む事になるそうです。

困った事に最近では大人がおたふく風邪にかかる事例が増えているのだそうです。これは子供の頃に予防接種を受けて安心していたために起こります。おたふく風邪などのワクチンの効果は何年かをよく調べてみるとわかるように、20年も経過してしまうとワクチンの効果が消えてしまうのです。

そうならないためにも、大人になってからおたふく風邪のワクチンの摂取が必要になるのかもしれません。でもワクチンを打つ前にもし症状があらわれたら、すぐに病院に行って治療をするようにしましょう。