上の子が幼稚園でおたふく風邪をもらってきてしまった。という話はよく耳にしますよね。問題はそこから先なのです。上の子が幼稚園でおたふく風邪をもらったのですが、実はママは妊娠していたとしたら慌ててしまうのが普通かもしれませんよね。

だってはしかだって妊娠中に感染すると、退治は奇形になってしまったり障害を抱えて産まれてきてしまったりするのです。おたふく風邪だって同じように感染症なので、もしかしたら胎児に何か異変が起こってしまうかもしれませんよね。

ものすごく心配になったので病院に飛んでいったそうです。すると病院ではおたふく風邪が妊婦に感染したといっても、ほとどんど心配する必要は無いのだそうです。それはどうしてかというと、はしかと違っておたふく風邪の菌は、退治に影響を及ぼす事が無いからだそうです。

とても安心したそうですが、妊婦さんというのは必要以上に感染症には敏感になってしまうものです。おたふく風邪は特に色々と噂があるので、余計に感染してしまったら悪い気がしてしまうのかもしれません。もちろん感染しても異常が出ないといっても注意すべきです。

何もわざわざ感染しなくてもいいわけですから、妊娠する前に予防接種などを受けておくというのも良いかもしれませんね。大抵の場合はワクチンを打てば感染はしなくなるのだそうです。もしワクチンを接種した後でおたふく風邪に感染しても、軽症で済むのだそうです。

妊婦がおたふく風邪を気にする理由

妊婦さんは自分のお腹の子供を守るために、とても神経質になるものです。それは人間としてではなくて生き物としての本能なのでどうする事もできません。ところでどうして妊婦さんはおたふく風邪に警戒してしまうのでしょうか?

おたふく風邪というのは妊婦さんが感染したとしても、それほど心配する事はありません。例えば胎児が何らかの異常が出るといった事もほとんど無く、例え感染したとしても痛み止めや解熱剤くらいの治療しか行われないものなのです。

ではどうして妊婦さんはおたふく風邪を気にしてしまうのかというと、はしかなどの病気になると、胎児に異常が出るという事を知っているからではないでしょうか。確かに妊婦さんがはしかにかかると胎児に障害などの影響を及ぼす事があると言われています。

ところがおたふく風邪というのは、妊婦さんが感染したとしても胎児にまで影響を及ぼす事はほとんどありません。なのでもしも上の子が感染してしまったとしても、あまり必要以上に不安に感じる事もないのです。もちろん感染しないに越したことはありません。

でも自分が隔離するのもできませんし、上の子を隔離することもできませんから、できるだけ感染しないように気をつけながら生活をするといいでしょう。ただし妊婦さんの場合は問題なくても、大人がおたふく風邪に感染すると重症化しやすいのでそちらの方を注意すべきです。

むしろ妊婦でない時におたふく風邪にならないようにするためにも、ワクチンの摂取をしておいた方がいいでしょう。