水泡という病気にはあまり良いイメージがありません。というのも小さな頃にプールで感染したというイメージがとても強いからです。ちなみに水痘というのは別名水疱瘡(みずぼうそう)という名前でも呼ばれている病気で、人から人に感染するウィルス性の感染症でもあります。感染してから潜伏期間がわからないために感染が拡大しやすいのが難点です。

感染症というのはどれも同じようなものでしょうが、自分が水痘などに感染しているという事がわかるのは、症状が出てからですのでその間に皆に感染が拡大していくという事になるわけです。子供の頃の夏に感染が拡大した事を思い出しますが、潜伏期間がわかっていればあれほど感染は拡大しなくて済んだのにと思います。

ちなみに水痘の潜伏期間はだいたい2週間くらいなのだそうです。2週間の潜伏期間の後で発熱や体全体がだるいなどの症状になるわけです。ちなみに水痘の感染が流行ったとしても、何も症状が出ないお友達もいましたが、こういう方は抗体があるという事なのですね。

水痘の感染が一番多いのは学校での感染なのだそうです。そして実は色々と調べてみると水痘という病気は、学校感染症として分類されている事がわかりました。ちなみに水痘に感染していても抗体があれば潜伏期間を経過しても症状がでないのだそうです。

でも一度抗体ができたら二度と感染しないという事ではなくて、抗体が無くなってしまえば再び感染してしまう事があるのだそうです。なので、子供さんが水痘を発症したらもしかしたら感染する可能性もあるという事です。ただし基本的には子供しかかからないと思います。

水泡の潜伏期間と感染について

水泡は小さな子供さんが発症すると言われている病気で、感染するウィルス性の病気です。よく学校のプールなどで感染するとも言われているのですが、潜伏期間の間に気づく事ができにくいために、学校感染症の中でも比較的感染が拡大しやすい病気だと言えるかもしれません。

というのも感染して潜伏期間を終えて症状が出てきたとしても、小さな発疹なので蚊に食われたかな?くらいにしか感じないために、それが水痘であるとは思わない事がとても多いのだそうです。それも感染してから発症するまでの潜伏期間の間に、これといった症状が出ないからなのかもしれません。

ちなみに水痘ウィルスというのは感染症の中ではとても感染力が強いのだそうです。それと潜伏期間の間に水痘だと気づく人はほとんどいないため(病院に行ったりしている時は別)、知らずに感染が拡大しているという事がとても多かったように感じます。

ここで水痘という病気についてを少し勉強してみました。水痘は潜伏期間が過ぎると同時くらいに症状が出てきます。最初は小さなポツポツが身体のあちらこちらに出てきます。そして発熱をすると言われています。この時に全身の倦怠感や頭痛などを感じる場合も多いみたいです。

出てきた水痘の発疹は、どんどん出てきて結果的にはかさぶたになるようになります。かさぶたになる前は水ぶくれみたいになって、白い膿が混ざるようになるのです。この時に外に出すと感染が拡大するとも言われています。なので子供さんが感染したらかさぶたが完全に消えてから外に出すようにした方がいいでしょう。