自分の年齢がわかっていても、いつまでも若々しくいたいと思うものですよね。会社で健康診断を受けた時の主人の様子は見ていてかわいそうでした。というのも蛋白尿が出たという事で色々と注意されたり、再検査を勧められたりしたそうです。でも蛋白尿の原因ってなんなのでしょうね?

蛋白尿の原因の多くは生理的なもので一時的なものが多いのだそうですね。例えば子供さんや若い人などにも多くあるみたいですが、たいていの場合は成長と共に蛋白尿は出なくなるのだそうです。また、女性だったら生理前や妊娠している時などに蛋白尿が出る事があるみたいです。

でも男性である程度の年齢になってくると、生理的なものではない可能性も出てくるわけです。蛋白尿のもう一つの原因が腎臓に何らかの原因がある場合です。主人の場合はこの可能性が高かったようなので、腎臓の機能についての再検査などを行うようにと言われたのでした。

ちなみに腎臓の病気が原因で蛋白尿が出る場合ですが、腎臓で尿が作られる時に蛋白が入り込むのだそうです。その中でも腎臓に問題がある場合と、腎臓ではなくて膀胱とかに問題がある場合とではまた原因が違ってくるのだそうです。

いったい何が原因の蛋白尿なのかを特定するためには専用の検査をしなくてはならないというわけです。結局腎臓の機能にも何も問題はなくて済んだのですが、恐らく生理的な事が原因で起こった蛋白尿だったのでしょう。

今後は腎臓に負担をかけないような食生活を送ったり、ストレスをできるだけ溜め込まないなど日常生活で気をつける事で、蛋白尿になる原因を作らないように努力をするようになったわけです。

蛋白尿の原因をもっと詳しく

蛋白尿の原因は人によって違うものです。もちろん根本的な原因は皆さん同じだと思うのですが、発症までのプロセスはそれぞれ違うものなのです。最も多い蛋白尿の原因は生理的なものであって、病気でもなんでもないケースがとても多いのだそうです。

たとえば小さな子供さんや学生さんくらいの年齢の子供の場合には、健康診断で蛋白尿が出たなんて事は意外にも多いのだそうです。なのでこの年齢の場合にはそれほど神経質になる必要はないのかもしれません。ただ再検査をして腎臓や膀胱などに異常がないかどうかは調べた方がいいかもしれません。

次に多い蛋白尿の原因は生理前や妊娠中などに蛋白尿が出やすいという事です。妊娠後期での蛋白尿は少し心配ですが、食事の制限などをすればすぐに治るでしょう。後は食べ物などが原因で蛋白尿がある場合があります。これについては検査で腎臓などに異常がなければ食事指導で治せます。

問題なのは腎臓や膀胱などに問題があるケースです。血液の中の蛋白を濾過する働きを持っている糸球体に異常が起こると、蛋白を濾過する事ができないので尿に蛋白が多くなってしまうのだそうです。だから蛋白尿が出やすくなるわけですね。

もし臓器に異常があって蛋白尿が出てしまう事がわかれば、しっかりと治療をしなくてはならないという事になるようです。