蛋白尿とは尿の中に蛋白が出ているという見たままの症状です。多分蛋白尿が出たからどうしたの?と考える方もいるかもしれませんが、普通はどんな食事をしても蛋白尿は出ないものなんです。どうしてかというと腎臓が健康だったら全て濾過してしまうからと言ったらわかりやすいかもしれません。

腎臓という臓器は私たちが何を食べても何を飲んでも体液をしっかりと調節しているものです。なので例えば食事でタンパク質をたくさん食べても蛋白尿にはならないのです。もちろん熱などで体調が悪い時には出る事もありますが、特殊な環境でない限りは蛋白尿が出る事が無いのです。

ではどうして出るのかというと、腎臓の機能が悪くなっているという事を意味するのです。尿検査を受けて蛋白尿が出てしまったら、病院で再検査をするように言われるはずです。そして病院の検査の結果次第では蛋白尿を改善するために、食事の制限などをしなくてはならなくなる可能性が出ます。

蛋白尿の改善のためにどんな食事をすればいいのかというと、動物性脂肪を摂るのを制限したり塩分の少ない食事にするなどを指導されます。それと同時に体重が多い方の場合は、体重を減らす事を指導される事も十分に考えられます。そのためには基礎代謝を上げるといいみたいです。

また、蛋白尿の改善のためには血圧を正常値に戻す必要があるそうです。他にもアルコールの制限がかかったりするので、食事も制限アルコールも制限となってかなり患者さんはへこむみたいですが、健康維持のためには仕方がないのかもしれません。

蛋白尿を食事で改善するには

まず蛋白尿の改善のための食事の制限についてですが、腎臓に必要以上に負担をかけないというのが第一条件と思うかもしれませんが、食事の制限をするという事は体重を正常値にする事もできるので、一石二鳥であると言えるのではないでしょうか。

また食事制限をする事によって、普段摂り過ぎていた塩分やアルコールなどについても摂り過ぎがなくなるので、健康面では良いことづくめという事になります。特に蛋白尿の改善に必要なのはタンパク質の摂り過ぎを防止する狙いも当然あるので、制限すれば徐々に改善する事になります。

もちろん蛋白尿の改善をするためには、食事などでの制限だけではなくて、定期的に病院で検査などを受ける必要があります。食事による蛋白尿の改善がどのくらいの効果を上げたのかを知る上ではとても重要な事であるといえます。

腎臓は私たち人間が健康的に生活をする上では欠かせない臓器です。たかが蛋白尿だからなどと放置していると、腎臓の病気になってしまう可能性があるので要注意です。腎臓の働きがあるからこそ私たちは健康的に生活を送る事ができるわけですから、食事を抑えても治療する必要があるのです。

また、蛋白尿が出るという事はそれまでの食事や生活に問題があるという事になるので、食事の改善だけではなく生活習慣の改善などを同時に行う必要があるそうです。