脳内出血を起こした場合に何が一番重要なのかというと、第一に重要なのは早く発見をするという事です。そして次に早く治療をする事です。なぜならば、脳内出血をした場合には出血をした場所や出血の量にもよりますが、治療後に後遺症が残ってしまうからです。

多分ほかの病気だと後遺症が残るかもしれないという言い方をすると思うのですが、脳内出血の場合には必ず何かしらの後遺症が残るものなのです。そこで重要になるのは退院後の生活という事になるわけです。なぜか?それは病院は脳内出血の治療しかしないからです。

つまり言い方が悪いかもしれませんが、病院では脳内出血は治療してもその後の後遺症の治療はハッキリ言って管轄外なのです。そうなるとリハビリが最も重要であるという事になるとは思いませんか?ちなみに脳内出血による後遺症はどのようなものがあるのかを調べました。

まず脳内出血の中でもおよそ40%を占めると言われる被殻出血をした場合の後遺症は、片麻痺や視野障害などがあると言われています。この視野障害もどちらか片方の事が多いようです。そして感覚障害なども起こると言われています。場所によっては意識障害が残る事もあるようです。

脳内出血の後遺症は出血をした場所が、どんな事を行っていたのかによって変わります。なので言語障害が起こる事もありますし、言葉の理解ができないなどの後遺症が残る場合もあります。これらの後遺症を改善するためにリハビリを自宅で行う事になるのです。

脳内出血の後遺症は諦めたらいけない

脳内出血の後遺症は本人の努力だけでもうまく回復しませんし、家族だけが必死に行っても回復していきません。双方が長く続ける事によって回復も早くなっていくと考えられています。でも病院で教えていただくリハビリは本当に効果があるのでしょうか?

多分病院で教えていただいたリハビリも機能回復のためにはいいのかもしれません。医学的な見解からそのリハビリをすれば良いという結果になっているだろうからです。でも実際には自宅で行う独自のリハビリの方が回復が早いとも言われているのを知っていますか?

例えば自宅で普段の動きをする事で以前の動きを思いだし、機能回復になったという例もあとを絶ちません。それと家族と本人が無理に行っても後遺症は回復してはくれません。脳内出血の後遺症はそれほど簡単には治ってくれないからです。

では脳内出血の後遺症を見事に克服した人達はどのようなリハビリを行っているのでしょうか?実は本人も家族も簡単にクリアできる目標をたてて、楽しみながらリハビリを行っているのだそうです。しかもうまくできた時には皆で喜び、時にはご褒美を与えたりもするそうです。

もちろん時には厳しく自分でできる事は自分でやらせたりもするそうですが、それがちょうどよくやる気を出したり、楽しませたりするので後遺症の克服にはいいみたいです。脳内出血の後遺症のリハビリはご褒美と厳しさを兼ね備えた日常生活を使った遊びを取り入れるといいのかもしれません。