肺がんは、ほかの臓器へと転移しやすい癌としても有名ですね。しかも肺がんの種類によっては進行がとても早い場合があります。例え早期発見ができたとしても再発の恐れがあるため、恐ろしい癌だとも言われています。もしも末期になったら余命はどのくらいあるのでしょうか?

例えば肺がんだと診断された段階で、かなり進行が激しい事も多いため、最初の診断で余命宣告を受ける事もあるのだそうです。そのため日本ではホスピスなどを利用する人も多いのが現実のようです。つまり最期はどれくらい人間らしく生きられるかに重きを置いた治療になります。

肺がんの末期は呼吸困難になったり肺に水が溜まったりするなど、過酷な症状との闘いになる事が多いのだそうです。それまでは全く症状が出なかった人でも、相当苦しい症状が出るのだそうですが、余命宣告を受けた時からそれらの症状が出るのは少し意地悪な気持ちがします。

また、肺がんの末期の症状はほかの臓器や骨や脳への転移を起こしたりするので、痛みとの闘いにもなってくると言われています。家族としては少ない余命を楽に過ごしてもらいたいと思うものですが、現実的にはどのくらい実現させてあげられているのか疑問が残ります。

かといって肺がんの末期の症状が出て余命宣告までされているのに、治療を受けて肺がんを治そうと考える人も多くはないはずです。そのため肺がんの末期の患者さんやご家族は日々悩み、葛藤しながら生きていかなくてはならない事が多いのかもしれません。

肺がんの末期で余命宣告から脱出は不可能なのか?

咳が止まらず気になったので病院で検査を受けたら肺がんだと診断され、しかも進行の早いタイプの肺がんですでに末期で余命3ヶ月と診断されてしまい、大変なショックを受けて治療をする生活に入りました。と、こんな方がいったい日本中でどのくらいいるのでしょうか?

日本人の癌での死亡率が最も高いと言われている肺がんは、発見された時にはすでに末期で、最初の検査の結果で余命宣告を受ける事が多いという恐ろしい病気です。例えたばこを一度も吸った事が無い人であっても、肺がんになる人は肺がんになってしまうものなのです。

では、肺がんの末期だと診断された患者さんは、余命をこの世に思い残す事が無いように生きるしかないのでしょうか?それとも最期まで肺がんと闘い抜いて戦士を遂げるしか無いのでしょうか?末期の肺がんを克服して余命を伸ばす事ができた人はいないものなのでしょうか?

実は最新の医療では、末期の肺がんで余命宣告を受けた方の肺がんを完全に消した方法があるのです。ただしこの方法は日本では認可されていない方法なのだそうです。それに同じ肺がんでも遺伝子的に治療ができる方でなければ効果が無いという治療法なのです。

ですがもしかしたら自分の肺がんの遺伝子が治療可能なものかもしれませんので、医師に遺伝子治療を受ける事ができないかどうかをテストしてもらってもいいかもしれません。もしかしたら、余命宣告を受けた末期の肺がんがきれいに消えてしまうかもしれません。