あまり経験したくはない腸閉塞という病気ですが、腸閉塞になるとどのような症状が襲ってくるのかご存知でしょうか?まず、腸閉塞になると排便がなくなってしまいます。ぴたっと排便の兆候すら起こらずガスも出る事はありません。

おそらくこれが一番わかりやすい症状なのではないでしょうか。また、そのうちに具合が悪くなってきて吐き出すようになります。普段からお腹がパンパンに張るようになったりもしますので、おかしいなとわかる症状が多いのも腸閉塞の特徴です。

また、腸閉塞になると激しい痛みが突然襲ってきたりもします。差し込むような痛みでお腹の痛みがひどいので、身体を起こす事が難しくなります。私の場合は身体を二つに折り曲げるようにして痛みを逃していたという感じが多かった気がします。

腸閉塞の症状を見逃してしまうと、腸が壊死してしまう事があるので注意しなくてはなりません。なぜならば腸閉塞によって死んでしまう人も中にはいるからです。腸閉塞になる原因は色々とあるとは思うのですが、たいていの場合は腸に対する圧迫が原因だと言われています。

腸が何らかの原因で圧迫されてしまうために、腸がふさがってしまって食べたものを消化して排泄する事ができなくなるのです。なのでもしも腸閉塞の症状が出たら、とにかく急いで病院に行って治療を受けるべきなのです。

腸閉塞の治療は緊急の場合には開腹手術を行い、早く腸閉塞を改善しなくてはなりません。そうしないと腸が壊死してしまうからです。その後は腸閉塞にならないように普段から症状が無いかどうかをチェックする必要があります。

腸閉塞の原因と症状

腸閉塞の原因は私のように手術をしたことが原因の癒着です。それ以外は関連する病気による合併症としての症状です。私のように手術などをして腸が癒着している場合には、腸閉塞を起こしやすいと言われていて、運とは関係なく起こる人は起こるわけです。

開腹していない場合の原因には、大腸がんや潰瘍性の病気や胆嚢炎などでも腸閉塞を合併症として起こしやすいのだそうです。小さな子供の場合には腸重積という病気が原因で腸閉塞になる事もあります。腸の働きができないので排泄異常の症状が出てきます。

子供さんの場合には激しく泣くなどの症状が出ると言われているので、排便や排ガスなどが止まってしまって、お腹がパンパンに膨れたりして急に泣き出すなどの症状が出たら、腸閉塞の可能性があるので急いで病院に連れて行ってあげるべきです。

大腸がんなどが原因で腸閉塞になった場合、命に関わる症状が出る可能性があるので、便秘などの症状にはとにかく敏感になると思いますが、大腸がんは早期発見をするのが大変難しい病気なので、普段から異変を感じたらすぐに病院に行くなどをするべきです。

腸閉塞の原因が何かは別として、腸閉塞はとても辛い病気の一つです。なるべく早く発見して大掛かりな治療をしないためにも、普段から排便障害などの症状が無いかどうかをチェックしておく必要があるのです。特に子供さんの場合には気をつけて見てあげるべきでしょう。